■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■暁、東雲、曙、朝

 最近、固い内容が続いていますので、今日は少しやわらかい話を。
 12チャンネルで「テレビチャンピオン」というのをやっています。いつもは大食い選手権とか、はっきりいって品が良いとはいえない内容をやっておりますが、今夜の放送は良かった、と思いました。
 タイトルは「なでしこ女子中高生”美しい日本語王”」というもので、美しい日本語をいかにたくさん知っているかを競うものでした。

 日本語といっても、大和言葉です。
 こうして見ていると、本当に多彩な表現がたくさんあるのですねぇ。
 そしてこの子達(中高生)も大変知識豊富です。こういう子もいるのですねぇ。
 もっと、こういう子供が増えて良いし、こういう言葉が普段に日本中に満ちていることが必要と思います。言霊(ことだま)の国、私達の日本。
 私達は大変な財産を持っていながら、それを死蔵しているのです。
 もったいない。
 
 今日のような番組が、メディアの一つの任務だと思います。
 若貴兄弟の話などはそこそこにして、もっとまじめに国家のことを少しは考えた番組つくりをすべきです。メディアは国民に対する教育機関とも言えるのですから。

 さて、この番組の最後の出題。へーっ!?でした。

 問題「東の空にわずかにあかりがさす頃、をなんというか?」
 A子さんが「曙(あけぼの)」と即答しましたが、×。
 B子さんが、すかさず「東雲(しののめ)です」と。

 皆さん知ってました?
 すごいですねぇ。
 ちなみに、
 ・暁(あかつき)=夜明け前の暗いときを指します。
 ・東雲(しののめ)=東の空にわずかにあかりがさす頃。
 ・曙(あけぼの) =夜がほのぼのと明けようとするときです。
 ・朝(あした)  =夜が完全に明けたとき。

 こんな繊細な言葉を使っている国は他にないのではないでしょうか。
 たしか、色についてもたくさんの呼称があったと思います。

 日本は、やっぱりすごい。

■コメント

■日本語最高です。 [IKU]

東雲知ってました!というか東雲と曙の違いを理解するためにネットで調べてたらここにきました。勉強になりました。
春は曙、夏は朝青龍、秋はうーん・・・
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

最近のトラックバック

訪問履歴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。